www.websterstudio.org

直接商品を買うのでないクレジットカードのやり方は単純です。クレジットを利用して直接払えない物を直接払うという方法ではなく、直接商品を買わずに注文した方がいいのです。理屈が簡単という根拠により、ギフト券の実例を駆使して述べてみたいと考えます。例にあげようとしている人が高価なアクセサリーを購入したいと考えています。持ちたい高価な財布を市販している場所では購入したくてもクレジットで払う事ができじないとします。。しかしJCB、American Express、Diners clubなどの商品券を使用すれば支払いを許可してくれるといいます。ですから例にあげようとしている人物はカードでギフトカードを購入してしまってギフトカードを売っている場所に行きクレジットカードを利用してNICOSなどの券を発注しました。クレジットを用いて買い付けたJCB、MasterCard、NICOSなどの商品券を店舗に持って訪れ購入したかった価値のあるカバンを買ったとします。「なぜ商品券で購入した若者はそういったややこしい事をしているのでしょう?」と思うのかもしれませんが、実のところ今話した手法を用いることで本当だったら貯まる事はないクレジットポイントがつきます。普通、お金を払って素晴らしいカバンを注文したとした時でもキャッシングポイントは手に入れられませんし、JCB、NICOSなどのギフトカードをキャッシュで買い付けした上で活用してもつきません。一方上記で述べたケース、JCB、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットで買い取りしたという理由で、価値のあるバックを購入したときとつりあう数のクレジットポイントが得られる事になるのです。こういう状態が直接商品を買わずにクレジットカードを運用した事になるという根拠により遠まわしに使うクレジットと呼ばれる方法です。

コンテンツメニュー