www.websterstudio.org

商店で全ての所有カードが使用可能なのではありません。:カード会社の加入店は大抵ときには5を超えるカードの運営会社と契約しているんですが、残念なことに一軒一軒の契約店舗で一切の契約カードが切れるのでもありません。つまり旧態然とした契約店の際だとJCBのマークの入ったクレジットカードしか使用できない状況もあるし、近頃の店舗ではビザとかマスターといったブランドの入ったカードだけしか使用不可な場面もあるでしょう。ディスカバーカードのようなカードならば、よけいに使用できない場面が増えるんじゃないでしょうか。どの所有クレジットカードが使用できるかをいかにして確かめたらいいものか「ならばどのような方法で何のカードが使えるかを確かめたら良いのか?」というと、正しく知るんだとするとそこの方に確認してみるしかないというのが残念だけど正しい答えです。とはいえども大体のショップやショッピングセンターには店舗前の目につきやすいスペースに使用できるカードのブランドがプリントされているシールが掲載されているから「ふーん、ここの店はライフカードが使用可能なのか」という感じに分かりやすいようにされてるし安心してほしいと思います。しかしながら、正しく案内が出来ていない加盟店で使うときにはロゴステッカーが掲げられているショップでも「うちではそのカードはご使用になれません」といった回答をされるケースもないわけでもなくメンツを失うようなこともなくもないですね。欲を言えば可能な限りは全部のお店でカードが有効であるようにするためにも、別のグループ(国際ブランド)が入っている一般的なマスターカードライフカード、というようなクレカを2、3枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例:JCBをいつも使っているならもう一枚はアメリカンエキスプレスカードがついているカードを使用するほか)。日本では、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が入ったクレジットカードをいつも財布に入れておけばおおむね100%の加入店でいずれかのクレカを使用するようスタンバイOKということになります。クレカを使って日常的にキャッシュレス生活を続けていくには、早いうちにそれぞれのクレカを契約しておいてほしいとおもいます。

コンテンツメニュー